Googleドキュメントの文書に、メイリオを適用してみた。

最近文章を書くのに、テキストエディタやワープロソフトではなく、WebアプリのGoogleドキュメントを使ってまして。
これがまた、バックアップなんかに気を遣う必要があまりないし、文書の整理もしやすいので、とても嬉しいのですが、フォントの選択肢が非常に少ない。
特に印刷したりするわけではないのだけど、それでも、画面上に表示される文字はなるべく見やすい方がいいですよね。
gdi++をとおしたブラウザで文書を開けば、まあいいんですが、前エントリで書いたGMDeskだとそれも出来ない(出来るのかな。でも私はやり方を知らない)。だから、せめてメイリオフォントで文書の作成が出来るようにがんばってみます。

まずビフォー。
画像


編集>文書のスタイル、から、フォントサイズと行間、背景色を変更してあります。
同じく編集>htmlを編集、からfont-familyを指定してやればいいかとも思ったんですが、どうやら文書を追加していくごとに、動的にhtmlを書き換えているっぽいので、どうもうまくなさそう。
そこでCSSを編集、って機能も使うことにします。
まず、htmlを編集、から、文書の頭にdivタグを書き込んでおきます。閉じる必要はありません。勝手に閉じタグを付け加えてくれます。
あとは、CSSを編集、を開いて、
div {
font-family: "MeiryoKe_PGothic";
}
(メイリオKeにする場合)
を書き加え、OKを押すだけ。

アフター。

画像


これで終わり。
まあ、新しい文書を作るごとにこの操作をしなきゃいけないとか、改行をするだけで、brタグをdivタグが囲ってくれるから、htmlをくむときにはかなり邪魔になりそうな気もしますが、まあ、よしとしましょう。

ていうか、もっといいやり方があれば、誰か教えて(泣)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック